Windows10 デスクトップのアイコン間隔の幅を変更

Windows10 デスクトップ

最近デスクトップが散らかり過ぎて、気がつけば画面の8割がアイコンで埋め尽くされていました(汗)

デスクトップは基本的によく使うショートカットや一時ファイルの置き場所にしているのですが、タスクを並行して進めているとすぐ乱雑になってしまいます。。。涙

というのは言い訳で、整理整頓がめちゃくちゃ苦手なだけです・・・((笑))

埋まる間隔が早すぎる!?っと思いながらどんどん溜まっていくアイコンを眺めていたら、ふとアイコン同士の間隔幅が広いということに気づきました(気づくの遅い 笑)

僕はアイコンは小さ方が好きなので初期の段階で小さく設定するのですが、これで幅も狭くなっていると思いこんでいました。

Windows10 デスクトップ表示設定

アイコンサイズの変更方法
デスクトップのどこかを右クリックして「表示」>「小アイコン」

どころがどっこいこれだけじゃダメだったんですね。。。

ということでアイコン間隔の幅を狭く設定変更したので、手順を残しておきます。

アイコン間隔を狭くする

レジストリの変更

レジストリ

Windows+Rで「ファイル名を指定して実行」を呼び出し、「regedit」と入力して「OK」をクリックします。

Windows10 アイコン間隔変更

レジストリエディターが立ち上がるので、左側のツリーから[コンピューター]-[HKEY_CURRENT_USER]-[Control Panel]-[Desktop]-[WindowMetrics]を選択します。

右側に「IconSpacing(横の間隔)」と「IconVerticalSpacing(縦の間隔)」という名前の値を更新すればアイコンの間隔を変更することができます。

名前の部分をダブルクリックして値を変更してみましょう!

レジストリキー検索

ちょっと待って。。。ツリーって何?よくわからないよ!という方や辿るのがめんどくさい!!という方は、Crtl+Fから「WindowMetrics」を検索すると探してくれます♪

アイコン縦幅変更

縦と横の幅を「-1030」で設定してみました。
デフォルトは「-1500」です。

値の変更が終わったらパソコンを再起動して完了です♪

再起動してもアイコンの間隔が変わっていなければ、デスクトップを右クリックして「表示」>「アイコンを等間隔に整列」のチェックを一度外して、再度チェックを入れてみてください
Windows10 デスクトップ表示設定

ちなみに僕のモニタの解像度が1920✕1200なのですが、縦の間隔で

-1500:アイコン10個
-1100:アイコン14個
-1030:アイコン15個
-975:アイコン16個

でした。

自分に合う間隔値を探してみてください♪