コインチェックの登録方法と使い方

コインチェック

ビットコイン(仮想通貨)の売買や送金・着金ができるコインチェックの登録から使い方までご紹介します。

アカウントの作成

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

まずは↑画像からサイトにアクセスしましょう。

ページが変わらない方はこちらから
➾ https://coincheck.com/?c=MSL2C7jFgb0

フェイスブックのアカウントと連携させるか、メールアドレスを登録してアカウントを作成します。

メールアドレスで登録する

フェイスブックのアカウントと紐付けする場合は、このステップは必要ありません。

コインチェック アカウント登録

メールアドレスとパスワードを入力してアカウントを作成しましょう。

アカウント作成 確認メール送信

入力したメールアドレス宛に確認メールが届きます。
届かない場合は「Resend email(メールをもう一度送る)」から再送できます。

メールが届かない場合は迷惑メールフォルダも確認してみてください。
受信メールの設定をしている場合は下記のメールアドレスが届くようにしておきましょう。
support@coincheck.com

アカウント作成 メールアドレス確認

届いたメールの確認用URLをクリックしてアカウント作成は完了です。

スマホアプリをインストール

アカウントを作成したらアプリもインストールしてログインしましょう。

Google Play App Store

本人確認手続き

ビットコイン(仮想通貨)の売買をするには本人確認が必須です。

コインチェック 本人確認 メニュー

「ウォレット」⇢ 左メニュー「設定」⇢ 中央「本人確認」⇢ から手続きを進めます。

電話番号認証

本人確認 電話番号認証

電話番号を入力してSMSを受け取り、記載されている認証コードを②へ入力して完了です。

個人情報の登録

続いて個人情報を入力して、本人確認書類を送ります。
スマホで撮影してスマホアプリから書類を送るのが簡単なのでオススメです。

コインチェック 本人確認へ進む スマホ

アプリメニューから「日本円の入金」を選択し「本人確認書類の提出」ボタンから個人情報入力の画面へ進みます。

僕は免許証で登録しました。
この場合、

  1. 提出する書類の顔写真が写っているものと、本人が一緒に写っている写真
    ※書類の方にピントを合わせてご撮影ください。
  2. 顔写真が写っている面
    ※文字が読み取れるように書類全体を撮影
  3. 裏面
    ※文字が読み取れるように書類全体を撮影

を送る必要があるのですが、1の「書類と一緒に写っている写真」はピントが上手く合っていなかったのか再提出になりました。

書類の確認に数日かかることもあるので、ピントはバッチリ合わせて撮りましょう(汗)

住所の確認のためのハガキを受け取る

個人情報を登録してから数日後にハガキが届くので受け取りましょう。
不在などで受け取れなかった場合は手続きが止まってしまうので注意です。

本人確認 進行状況

ハガキを受け取り、本人確認ページのチェック項目が4番目まで進めば完了です。

日本円の入金

メニューから「日本円/USドルを入金する」アプリだと「日本円の入金」を選択します。

コインチェック 日本円の入金

  • 日本円を入金:銀行振込
  • USドルを入金:銀行振込
  • コンビニ入金:コンビニ決済
  • クイック入金:ペイジー決済

から入金方法を選びましょう。

コンビニ・クイック入金は手数料(2017/04/16の時点で756円~)がかかります。
入金制限などもあるので、詳しくはコインチェックのヘルプを御覧ください。

【銀行振込の注意事項】
振込人名義の頭にユーザーIDを付けるのを忘れないようにしましょう!

ビットコイン購入

メニューから「コインを買う」アプリだと「コイン購入またはビットコインを買う」を選択します。

コインチェック 購入可能な仮想通貨一覧

ビットコイン以外にも見慣れないワードが並んでいますが、全て仮想通貨です。
今回はビットコイン(BTC)を選択します。

余談ですが、ビットコイン以外の仮想通貨のことをアルトコインと呼び数百種類もあります。
アルトコイン一覧
https://coinmarketcap.com/all/views/all/

デフォルトでは購入可能なビットコイン数が入力されていると思います。
必要な数量を入力して購入しましょう。

クレジットカードでも購入することができますが、購入から1週間程度経過してからじゃないと送金や売却ができません。
レートも高く設定されているため購入の際は注意が必要です。

ビットコイン送金

パソコンから送金

コインチェック ビットコイン送金 パソコン

メニューから「コインを送る」を選択します。
「ビットコインアドレスで送る」が選択されていることを確認して、宛先と送金金額を入力します。
間違いがなければ「送金する」ボタンを押して完了です。

※宛先を間違えて送金してしまうと取り返しがつかないと思っておきましょう

手数料は送金にかかる手数料です。
送金可能額はウォレットにあるビットコイン(BTC)残高です。
残高以上を送金しようとすると怒られます(笑)

アンドロイドアプリから送金 アンドロイド

送金先のQRコードがある場合

コインチェック ビットコイン送金 スマホ0

アプリトップ画面(総資産)の右下にある「+」ボタンから「QRコードで送信」を押します。
画面が切り替わるので、送金先のQRコードを読み込みます。

コインチェック ビットコイン送金 アンドロイド3

宛先と数量が自動で入力されます。
入力間違いが起こらないので安心ですね♪

念のため宛先と送金数量を確認して、問題なければ「送信する」ボタンを押して完了です。

ラジオボタンで「Yen」と「Bitcoin」が選択できます。これはどちらを基準にするかの違いです。

  • Yen:何円分ビットコインを送るか
  • Bitcoin:何枚ビットコインを送るか

送金先のQRコードがない場合

コインチェック ビットコイン送金 アンドロイド4

メニューの「ビットコイン送金」から宛先と数量を入力して、間違いがないことを確認して「送信する」ボタンを押して完了です。

QRコードマークを押すと、QRコードを読み込むことができます。

※宛先を間違えて送金してしまうと取り返しがつかないと思っておきましょう

iOS(iPhone・iPad・iPodなど)アプリから送金iOS

送金先のQRコードがある場合

コインチェック ビットコイン送金 iOS1

アプリトップ画面(チャート)右上のQRコードマークを押すと画面が切り替わるので、送金先のQRコードを読み込みます。

コインチェック ビットコイン送金 iOS2

宛先と数量が自動で入力されます。
入力間違いが起こらないので安心ですね♪

念のため宛先と送金数量を確認して、問題なければ送金ボタンを押して完了です。

「Yen」と「Bitcoin」が選択できます。これはどちらを基準にするかの違いです。

  • Yen:何円分ビットコインを送るか
  • Bitcoin:何枚ビットコインを送るか

送金先のQRコードがない場合

コインチェック ビットコイン送金 iOS3

メニューの「送金」から宛先と金額を入力して、間違いがないことを確認して送金ボタンを押して完了です。

QRコードマークを押すと、QRコードを読み込むことができます。

※宛先を間違えて送金してしまうと取り返しがつかないと思っておきましょう